VXeJEl\[VELミ}qTRs[^ }qTRs[^
\[V J ミ Q&A _E[h
HOME > Blog
信用の管理システム 
「顧客や製品の追跡調査」

食品加工業のY社さんは、

自社製品の品質に対して絶対の自信を持っておられましたが、

原材料の保管に関して若干ルーズな面があり、

伝票と実際の在庫数に違いがあったり、

原料の使用順位が逆になったりすることもありました。


そこでヤマヒサコンピュータでは、

バーコードを使った、トレーサビリティーシステムを、お勧めしました。

食品の生産・処理・加工・流通・販売の各段階で、それぞれの情報を追跡し、

遡及できる一貫した工程管理です。

これにより万が一、仕入れ材料や仕入先に事故があった場合でも、

製品のピンポイントでの、追跡調査と迅速な回収が可能になりました。

当然、在庫状態や加工・出荷状況も詳しく把握できて、ロスも激減しました。

食の安全性が叫ばれる昨今、

企業の信用を保つためには、必須のシステムともいえます。




また、卸売りのM商店さんは、店頭での小売販売もされており、

お得意様の、来店又は注文履歴をしっかり記録されています。

ある意味、企業の宝ともいうべき顧客情報を有効活用される様、

顧客管理システムのご依頼がありました。


まず、個人のお客様には、

もちろん了解を得た上で一般情報(住所・氏名・TEL・年齢等)から

趣味や家族構成などの情報も登録できます。

それにより、新製品の案内DMや売り出しチラシの地域を絞り込んで

非常に効率よく情報の発信ができるようになりました。

また、卸の得意先には、過去の注文状況を詳細に登録でき、

売上数の増減や商品構成をチェックし、営業活動に反映したり、

予測注文表をお送りしたりできるようになりました。


こうした、製品への責任やお客様の動向をきっちり把握できることも、

信用の管理のひとつだとヤマヒサコンピュータは考えます。
  (続)



[ コメントを書く ] ( 7 views )   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1517 )
信用の管理システム 
管理システムといっても、販売管理・製品管理・工程管理など

さまざまな種類の管理システムがありますが、

今の時代、もっとも大切なのは「信用の管理」ではないでしょうか。


今回から、数回に分けてヤマヒサコンピュータの直面した

得意先からの業務改善に関する相談や、その解決策をご紹介していきます。


「トラブルに対する迅速な対応」


流通関係のA社さんでは、顧客数・扱い商品の種類が大変多く

得意先からの問い合わせ、苦情等の電話に対して、

電話に応対した事務の方が即答できないことがよくありました。

担当者に連絡を取ったり、商品の出荷状況を調べたりして、

先方に返事ができるまでに数時間かかってしまうこともしばしば。

お客さんにしてみれば、自分の会社がないがしろにされたようで面白くありません。

そこで、A社さんには、

顧客や商品の情報を電話に出た人がすぐに分かるように検索システムを充実させ、

わずかな単語や社名の頭の部分の入力だけで詳しい情報を取り出せるようにし、

誰でもが、その場で的確に対応できるプログラムを提供いたしました。

問い合わせに対して、すぐに回答が得られれば

お客様は安心されると共に、信用もしてくださいます。



また、機械部品製造のP社さんでは、急な納期変更や増産・減産が頻繁にあり、

現場への指示の遅れや、担当者間での機械の確保競争等で

作業工程表のホワイトボードは、割り込み・変更の書き込みでブラックボードと化し、

生産効率が非常に悪く、改善策の相談を受けました。

P社さんへ提案したスケジュール管理プログラムでは、

急な仕事を割り込ませた場合、他の仕事を自動的にずらしたり、

他の機械に振り分けたりして、無理のないスケジュールを作成。

画面のスクロールを使って2ヶ月先や月またぎの予定も分かるようにし、

現場でも変更が一目瞭然。生産効率を格段にアップさせました。



このように、一口にトラブルといってもそれぞれの業種によって異なります。

また、同じ業種でも会社ごとに抱えている問題は違ってきます。

ヤマヒサコンピュータではお客様との対話を重ねることによって、

会社毎の直面している問題点を的確に解決する努力を惜しみません。
 (続)



[ コメントを書く ] ( 8 views )   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1434 )
明けましておめでとうございます 








本年もよろしくお願い申し上げます


「Windows7」の評判がなかなか良いようです。

と、いうか Vista の評価が低すぎたのかも知れませんが。

ヤマヒサコンピュータでも、今年は Windows7 の機能をフルに生かした

スピーディーでさらに使い易いシステムを提供して行きます。

パソコンの苦手な方でもすぐに入っていける

そんな使い手に優しいソフト造りを目指します。

詳しくは、追ってこのコーナーで随時ご紹介して参りますので

引き続きアクセスの方もよろしくお願いいたします。 (了)

[ コメントを書く ] ( 7 views )   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1448 )
今年一年お疲れ様でした。 


いよいよ今年もあとわずか。

挨拶回り、業務整理や、大掃除と何かとお忙しいかと思います。

今年一年がんばってくれた「パソコンたち」にも

お休みをあげる方も多いようです。

と、いっても普段入れっぱなしの電源を落とすぐらいでしょうが。


でもこの機会に、裏側の配線部分の掃除をしてみてはいかがでしょうか。

もちろん、掃除機でほこりを吸い取ったり、雑巾の乾拭き程度でいいのですが、

ファンの吹出し口やコードの接続部分はほこりが溜まりやすいので

掃除機のアタッチメントなどを使って、

いつもより念入りにお掃除されると良いかもしれません。

さらに、接続コードを一度抜いて、挿しなおすのもオススメです。

接触不良からくる故障を未然に防げる場合もあります。


なお、申し上げるまでもなく、データのバックアップは必ず取っておいてください。

2000年問題のような事は起こらないとしても、

年号が(20)09から10に変わりますので、

2010年問題の可能性を100%否定できる訳ではなく、

プログラムによってはうまく継続されない場合も考えられます。

(当社のソフトに関しては、まったく問題はありません←以上CM )


さて、このブログ欄にいつもアクセスしていただいている皆さま、

今年一年ありがとうございました。

不定期な更新や、支離滅裂な内容にお付き合いいただき、本当に感謝しております。

来年こそは、「ためになるね〜、ためになったよ〜」といわれる様な内容のブログを

定期的に更新(出来るだけ)して行きたいと思っています。

また、ご意見、ご感想、ご質問等、何でも良いからお気軽に書き込んでください。

誠意を持って、ご返事いたします。


それでは皆様、良いお年をお迎えください。 (了)


[ コメントを書く ] ( 7 views )   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1492 )
ハンパねえ数の商品パーツの在庫を管理してみましょう 


先日訪問させていただいた先に、人形専門店がありました。

ひな人形、五月人形、日本人形などを販売されているお店です。

今は時期的に、店内には破魔弓・羽子板の「お正月飾り」や

可愛らしい「ひな人形」がたくさん並んでいます。

社長にお話を伺ってみると、ケース入りの人形は別にして

基本的にひな人形(五月人形)のセットは、

人形(親王〜15人揃)、お道具、屏風、台(親王飾り)または段(段飾り)

などのパーツに分かれていて、

それらを組み合わせてひな人形(五月人形)のセットが出来ています。

また、お客様の予算や、お好みによって

セットの内容を組み替えることも可能だそうです。


したがって、仕入先もパーツごとに異なり、それぞれに価格が設定してあります。

在庫の数は細かく分類すると、膨大な量に及び

管理ノートには、各パーツの仕入先、仕入れ価格、寸法・形状、数量などの情報が

びっしりと書き込まれていました。

但し、このノートは大半のデータが頭の中に入っている社長以外には分かりにくく、

社員の皆さんには活用が困難なようです。

ですから、社長が外出時に、セットの組替えや、細かいご注文が入ると、

迅速に対応できない場合もあったようです。


最近はパーツのデータを徐々にエクセルに移行していらっしゃるそうですが、

数の多さと分類の項目の多さに、

縦横のスクロールで、求める情報を探すのもなかなか大変です。


そこで当社の在庫管理システムのお話をさせて頂きました。

検索機能を利用して、人形の種類、人形作家、パーツ名、仕入先など

知りたい情報の一部だけでも入力すれば、該当する商品の一覧が表示されます。

目指す商品を選んでクリックすれば、

さらに具体的な情報が別のウィンドに表示されるしくみです。

これなら、社員の方でもお客様のご要望やご質問に即答できます。


また、何行にもわたるお買上げ明細書や、お見積書、保証書なども簡単に発行でき、

お客様が集中した時の、事務処理のスピードアップに威力を発揮します。

いずれは必要となってくる世代交代の前に、

社長の頭の中のデータを、

いつでも、誰でも取り出せるようにしておきたいとおっしゃっていましたので

ぜひ当社の管理システムをご利用下さるよう提案させていただきました。  (了)


[ コメントを書く ] ( 7 views )   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1564 )

<< <Back | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | Next> >>