VXeJEl\[VELミ}qTRs[^ }qTRs[^
\[V J ミ Q&A _E[h
HOME > Blog
こんな時だから、災害時のデータ保護について考えたい 



データの保護対策はどのようにされていますか?


久しぶりの更新で恐縮しております。

未曾有の大震災から2ヶ月あまり経ちますが、

あらためて、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。


今回の災害は例外だとしても、情報システムに頼っている現在、

データの保護対策については常に心がけておきたいものです。

とはいえ、「大事なシステムだがお金をかけられない」

「人がいなくてバックアップに手間を掛けられない」等の声が

圧倒的に多いのが現状です。


従来からの対策としてよくとられているのは可搬性の高いテープや、

外付けのハードディスクなどバックアップしておいて、

そのデータを離れた場所、災害対策サイトや遠方の事務所に送ったりする保護対策でした。

この方法が一番コストのかからない対策と思われがちですが、いざ行ってみると、

そのメディアの移動には手間もかかるしコストも掛かります。

また、移動中のトラブルによるデータの紛失等、

セキュリティーにもかかわって来る事も考えなくてはなりません。

実際に面倒な事が多くて、断念してしまわれる企業もあります。


レプリケーション・システムをご存知でしょうか?


あるデータベースとまったく同じ内容の複製 (レプリカ)を別のコンピュータ上に作成し、

常に内容を同期させる機能のことで、

負荷分散や耐障害性の向上などを目的に行われています。

マスターデータベースとレプリカは通信ネットワークなどを通じて

互いにデータを交換しあい、常に内容が一致するようにできているため、

一ヶ所でデータを更新すると、

マスターとすべてのレプリカに自動的に更新内容が伝播するしくみです。

したがって、マスターデータにトラブルが生じても

レプリカ側を使って業務を続ける事ができます。

このように事業継続のためにはデータの保護対策を常に考えておきたいものです。



[ コメントを書く ] ( 103 views )   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1253 )

<Back | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | Next> >>