VXeJEl\[VELミ}qTRs[^ }qTRs[^
\[V J ミ Q&A _E[h
HOME > Blog
注文の減った商品、増えた商品、早分かり 
先日、当社と古くからお付き合いがある

業務用食品卸のRS社のS社長とお話しをさせて頂いた時の事です。

以前このコーナーでご紹介しました( 2008年4月25日付 ) RFM販売管理システムについて、

貴重なご意見を頂戴しました。


もともとRFM分析はお客様の格付けを基本に構成されているシステムですので、

売上高の推移や予測は表示できても、個々の商品の情報まではチェックされませんでした。

RS社さんの場合、ほぼ固定客を中心に定期的に注文を貰っていらっしゃいます。

したがって、どの商品がどのように動くかが非常に気になるそうで、

「過去3ヶ月、過去半年、過去1年などというサイクルで

お客様毎の各商品の売上記録が比較できる表があれば便利なのだが」


とおっしゃいました。

今までは、過去の帳票をいちいち遡ってご覧になって比較されていて、

これは大変時間と手間がかかり面倒な作業だそうです。


つまり、過去3ヶ月(期間は自由に設定)で

受注が少なくなった商品、全く無くなった商品や

逆に受注が増えた商品、新規に加わった商品等が

ひと目で分かる一覧表が出せるシステムをお望みでした。

お客様のご要望には、全力でお応えするのがモットーの「ヤマヒサコンピュータ」としては

これは是非とも改良しなくてはと、試行錯誤の結果、

この度 、「商品実績と構成分析」 という、まんまのネーミングのシステムを開発しました。




上記の図のように、得意先(コード)と実績期間・分析期間を入力すれば、

画面左に過去半年の実績、画面右に今月の実績が表示され、

各々の数量の比較や新規商品(左画面空白)、消滅商品(右画面空白)が一目瞭然。

さらにこれを、エクセルで出力する事により、

売上の落ちた商品、無くなった商品をどう取り戻すか、

売上の伸びた商品、新規の商品をどう伸ばすか、といった

担当営業者の販売戦略資料となります。


S社長には大変喜ばれ、他社にも提案する事を薦められました。  (了)


[ コメントを書く ] ( 7 views )   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 1746 )

<< <Back | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | Next> >>