VXeJEl\[VELミ}qTRs[^ }qTRs[^
\[V J ミ Q&A _E[h
HOME > Blog
マニュアルって読んでますか? 
前回このコーナーでご案内しました「バーコードとハサミは使いよう」の続編ですが、

細かい内容を取材(と言うほど大げさなものではありませんが)してみると、

バーコードに限らず、以前ご紹介した「伝票読み込みシステム」や「FAX注文書自動入力」

など(詳しくは過去ログ参照)、いろいろ便利にお使いいただいているお客様が多く、

興味深いお話がたくさん伺えました。

そこでこれらの取材内容は、改めて別のコーナーを設けて特集することになりました。

只今、新コーナーの開設を準備しておりますので、しばらくお待ちください。


というわけで、本日は別のお話です。


私はどうもマニュアルを読むのが苦手で、あの分厚い本と細かい文字列を前にすると

軽い拒絶反応を起こしてしまいます。

そこで、パソコンや各種電化製品の新しい機種を手にした場合、

とりあえず触ってみることから始めるようにしています。

基本的には、「これは何のスイッチだろう?」「ここを押すとどうなるの?」から初めて、

ひととおりのスイッチ類を触りまくり、頭ではなく目で理解する方法をとっています。

エラー表示なんか気にせず、あれこれ試してみます。

当然ビデオの留守録などは、幾度となく失敗しております。

こういう方は、他にもたくさんいらっしゃるようで・・・


私たちの会社も、販売管理等のソフトを提供している関係上、

操作マニュアル(そんなに分厚いものではありません)を発行しているのですが、

おそらく全ページに目を通してもらったお客様は、数少ないと思います。

したがって、操作に関するお問い合わせの電話はしょっちゅうです。

特に新しいシステムを導入された場合には、日に2~3回お電話いただくことも

たびたびあります。

でも、これって私たちにとっては結構有難いんです。

普段訪問しきれていないお客様と、親しく対話できるチャンスであったり、

想定外のトラブルや、システムの改善につながるヒントを得たりも出来ます。

したがってマニュアルは、メモの延長程度の使い方で充分だと思います。


そこで私の偏見に満ちた結論ですが、

マニュアルを読む前にあれこれ触ってみよう。

わからなければ、わかる人に聞いてみよう。

そして、ある程度理解できたら、そこで初めてマニュアルに目を通してみます。

斜め読み程度でも、意外と理解でき、新たな発見も出来たりします。


そういいながらも、先日またしても見たいTV番組の留守録に失敗しました。 (了)


[ コメントを書く ] ( 5 views )   |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 2041 )

<< <Back | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | Next> >>